小口程度ならクレジットカードのキャッシング

キャッシングと言えば、銀行や消費者金融のカードローンが有名でしょう。

カード一枚によって、ATMから借入や返済ができるため、非常に利便性に富んでいます。

街中であれば、提携ATMも数多く設置されているので、いつでもどこでも、借入と返済が可能な状況でもあります。

けれども、わたし個人の体験から、カードローン単体である方が、返済負担が大きいように思います。

当然のことですが、お金は生活の糧でもあり、支えでもあります。

お金を第一に考えることもできれば、二の次だと見なすこともできます。

しかし、現在の交換価値であり、お金によって、物の交換やサービスの享受などができます。

そのため、お金単体のみであると、借りる時には心が大きくなりがちであり、返済の時には実にもったいない感じがします。

たとえ巨大な金融機関であり、会社が潤っているところであっても、借りたのであれば、返すのが常識でもあります。

けれども、それを知っていながらも、どこか返済することに躊躇したくなる心根があることも事実です。

ならば、資金不足になった時、どこからキャッシングをすれば、返済への負担感が相対的に減少するのでしょうか?

あくまでわたしの個人の思いですが、クレジットカードのキャッシングを利用するのが、カードローン単体よりも、返済への負担感が減るようにも思います。

もちろん、クレジットカードは、ショッピングが大前提であり、キャッシングは付随的な機能です。

しかし、ショッピングへの支払いは、目の前に物が来ているため、後払いであるという実感が伴いがちです。

お金のみの場合、自由に使える反面、カードを使って消費者した、という実感が湧きにくいと思います。

当然、クレジットカードも、バーチャルな感覚に陥ってしまうため、使った実感が出てこなくなり、計画性がなくなってしまう危険性もあります。

しかし、現在においては、インターネットの会員ページで残高をいつでも確認できます。

瞬時に反映されることが当たり前でもあり、手続きの後、すぐに確かめられます。

しかも、支払日が近づけば、お知らせメールを送ってくれるのが、一般的でしょう。

むしろ、延滞してしまう方が、恥とも言えます。キャッシングも利用していれば、合算して支払うため、延滞などがしにくくなると言えます。

このため、わたし自身は、資金不足の際、できるだけクレジットカードのキャッシングを利用するようにしています。

ただし、あくまで付随機能であるので、金利は18パーセント程度であり、カードローン単体よりも相対的に高めと言えます。

また、大口融資ではなく、あくまで小口融資に向いているため、高額資金を得たい人には不向きとも言えます。

しかし、収入証明書などがあれば、100万円単位まで借りられるクレジットカードのキャッシングもあります。

いずれにせよ、小口程度の生活費の足しにしたいのであれば、クレジットカードのキャッシングを使う方が、返済への負担感が減少するように思います。