急ぎの時でもキャッシングですぐにお金の工面ができた

今月お金がピンチと言う時に助かったのが消費者金融のキャッシングです。

家賃の支払にも困っていたのですが、滞納すると後が大変です。

そんな時でも消費者金融のキャッシングではすぐにお金の工面ができました。

お申し込み方法はインターネットやお電話、ファックス、郵送、自動契約機などいろいろです。

すぐに現金が手元に必要だったため、そのお申し込み方法の中から自動契約機を選びました。

自動契約機のある場所には心当たりがあったので、運転免許証を持って出かけてみました。

自動契約機の側に大きな看板があったのですぐに分かりますね。

入口の前に仕切りが設けてあり、自動契約機の中の様子が分からないようにしてあります。

先客の方も居なかったのですぐにお申し込みする事ができました。

最初は操作方法に迷うかもしれないと不安がありましたが画面で案内してくれたので大丈夫だったです。

電話もあるため分からなくなっても質問できそうです。

お申し込みすると自動契約機から離れている場所で審査が行われています。

中は無人ではあるものの、モニターで様子はチェックされているようです。

特に何事も無く審査に通過、そのまま自動契約機で契約するとすぐにカードが出てきました。

勤め先に確認の電話連絡を行うとの事でしたが、本人が不在でも無事に終了したので助かりました。

自動契約機にはATMコーナーまであります。

受け取りしたカードを使ってその場でお金を借りられました。

これで当面の生活費、家賃が何とかなりそうです。

キャッシングした後は当然ながら返済する事が必要です。

返済方法はインターネットやATM、口座からの自動引き落としなどいろいろです。

この中から面倒を掛けずに返済できる口座からの自動引き落としを選びました。

文字通り、自動的に口座から引き落としされるのでインターネットで入金手続きしたり、ATMまで出かけてカードで返済せずに済むので楽でした。

引き落とし日に残高不足があると遅延しかねないので、お給料の振込口座を登録しておきました。

これなら毎月お給料が振り込まれるので残高不足を気にせずに済みます。

キャッシングの毎月の返済額は残高スライドリボルビング返済方式と言うもので決まる仕組みになっていました。

毎月最少の返済額以上なら自由に決められると言うのが良いところです。

今月は余裕が無いと言う時は最少のままで良いため返済が楽でした。

しかし最少のままずっと返済しているのでは完済までが長くなりそうです。

そこでお給料が出た時は追加入金しておきました。

コンビニ提携ATMからカードを使って追加入金できるので便利です。

思っていたより早く完済できた上に利息のお支払いも少なかったのでキャッシングしてみて良かったです。